トレーニングとトレーニングの間の時間の使い方と浮き球のボールコントロール

こんにちは!

はだしスクールです。

今日は、膝から下を使わずモモや胸、肩、頭を使ったボールコントロールのトレーニングを行いました。

足元の技術だけではなく、浮いたボールをどれだけ自分の思った通りのところにコントロールできるかでプレーの質は上がっていきます。

浮いたボール(空間認知能力)はジュニア年代で獲得しておきたい能力でもあり、これからサッカー上達に必要不可欠な能力でもあります。

少しずつ、ボールコントロールスキル向上が目に見えきています。子ども達の成長スピードには驚かされます。

はだしスクールコーチから子ども達へ

齋藤コーチより

「練習のつなぎ目を早くしよう」

練習前に約束したことをみんな意識して取り組んでくれました。

限られた時間の中でどれだけ集中してできるかで上達のスピードも変わってきます。

今日コーチに言われて出来たことを、次回からは自分達だけで意識して出来るようにしていきましょう👍🏻

亮祐コーチより

質の高いをボールコントロールスキルを身につけてチームで活躍できるように来週も顔晴ろう!

トレーニングの合間合間の時間も無駄にせずに集中して1時間15分トレーニングができました。素晴らしいかったです。

はだしスクールより

今年度もあと1ヶ月弱になりました。来年度はそれぞれ学年が上がります。3月の1か月間も大切にしてトレーニングに取り組んでいこう。

LINE@月1はだしスクール

「はだしスクール」を月1回磐田市で開催中!サッカー上達・運動能力アップにつながる月1回開催のはだしスクール情報をゲットしよう!ビーチサッカー大会などのイベント告知もあるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です